行動美術協会史


2018年 平成30 第73回展

第73回展

9月19日~10月1日
国立新美術館(1C・1D・2C・2D・ 野外展示場 C・D)

関西大阪展

10月16日~21日
大阪市立美術館

事柄

事務新担当は、土屋豊、前田礼子(会計)、原孝(彫刻部担当)となり平成最後の展覧会となる。

搬入直前に豪雨、台風、地震と相次ぎ心配されたが、無事審査が行われた。
一般出品者が増え、そして二点展示作家も前年同様に厳しい審査の基に選出された。総会では来年(2019)仙台での巡回展が承認され決定した。
会期中の会場はこの数年の傾向ではあったが外国人の来場者が急増をし、今までとは少し違った雰囲気で盛会となった

第50回新人選抜展(東京都美術館)行動美術TOKYO展と同時開催。
出品者〔絵画〕太田京子、奥田麻里子、加納真規子、田村千晶、手塚昌広、畠山明弘、濵田洋子、山出尺子、〔彫刻〕田附希恵、深田拓哉


訃報

佐藤 定(絵画会員 平成30.3.15)


退会

深川和久(絵画会員)、六反順子(絵画会員)、木寺 明(絵画会員)、兼子芳年(絵画会員)、神島レイナ(絵画会員)、片山之男(絵画会員)、湯村 光(彫刻会員)、水本智久(彫刻会員)、伏尾守正(絵画会友)、江原三千代(絵画会友)、石橋高次(絵画会友)、安藤真由(絵画会友)、貝川代三(絵画会友)、山田早苗(絵画会友)、首藤盛子(絵画会友)、前隈清司(絵画会友)


新会員、会友

会員推挙(絵画部)

本庄美恵・金子裕子
中元慶子・清水章生

会員推挙(彫刻部)

森 貴也・竹内七月姫

会友推挙(絵画部)

氏野光子・前川登志子
山本大補・久保 寔
武本芳雄・箱田弘幸
村上美起子

会友推挙(彫刻部)

丹羽 啓


受賞(絵画)

行動美術賞

溝部京子

会友賞

永本秀男・坂本和之
佐藤静子・本庄美恵

新人賞

山本大補

奨励賞

阿部りょうこ・中田 貢・加藤三枝子・箱田弘幸・中 文子・加納真規子・村上美起子

損保ジャパン日本興亜
美術財団賞

田村千晶

向井潤吉賞

金子裕子

永井保賞

久保 寔


受賞(彫刻)

行動美術賞

今村玄一

会友賞

内藤早良

新人賞

深田拓哉・井上珠未

奨励賞

丹羽 啓・田附希恵