行動美術協会史


2004年 平成16 第59回展

第59回展

2004年9月1日〜16日
東京都美術館 (第3棟 B1・F1・F2)

関西展(大阪)

10月6日〜11日     
大阪市立美術館

京都展

10月13日〜17日     
京都市美術館

中部展(名古屋)

10月26日〜31日     
愛知県立美術館

函館展

05・1月5日〜13日     
北海道立函館美術館

九州展(福岡)

1月25日〜30日     
福岡市美術館

山陰展

3月25日〜4月3日     
米子市美術館


事柄

前年度受賞作品を掲載した公募リーフレットが新しく作られ、宣伝活動に大いに利用された。行動美術ホームページが、主任・西山三郎(彫刻会員)、副主任・小井土滿(彫刻会員)、担当・藤井達矢(絵画会員)の各氏の協力を得て本格的に始動。
絵画部審査の際、前回より一般出品者から賞候補を選出することになったが、今回より会友からも賞候補を選出することとした。その結果、会友から17名、一般から11名の賞候補者を選出した。賞選出投票は、これら賞候補者リストを参考に会友・一般の全作品を対象とした。二点出品作家は今回も該当者が出なかった。一般出品者を対象に新設された三芳悌吉賞が今回より実施された。

江見絹子氏(絵画会員)に紺綬褒章授与の朗報あり。
一方、行動美術協会に永年に渡り大きな功績を残された、永井 保氏(絵画会員・平成16年9月22日没)、貝原六一氏(絵画会員・平成16年7月29日没)、山田祥三氏(絵画会員・平成17年1月22日没)、村井和夫氏(彫刻会員・平成17年3月13日没)、高井寛二氏(絵画会員・平成17年6月24日没)の悲しい訃報が伝えられた。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

文化庁より現代美術選抜展は平成16年度をもって終了するとの知らせあり。
国立新美術館移転問題では、総会で検討した三点がほぼ満たされたので、第62回展より国立新美術館に移転することを決定した。新美術館への活動報告書類の提出、会期の抽選など本部事務所の奮闘に負うところが大なり。会期は平成19年9月19日〜10月1日となり、会期中は行動展と新制作展だけの組み合わせとなる。
各地方における巡回展も無事終了。

第36回行動美術新人選抜展(平成17年2月3日〜8日)を東京新宿・紀伊國屋画廊で開催。出品者(絵画)上嶋恵津子、神島レイナ、加藤徳子、北村葉子、木村隆行、小金富美子、前隈清司、渡辺雅子、(彫刻)安原弘高、西澤亜純、以上10名。文化庁現代美術選抜展出品者(絵画)細川佳成、鈴木佳代子、(彫刻)二宮幸司。
第60回記念展も、本部事務所・山口 実、彫刻事務所・翁 観二、会計・土屋 豊の体制で続投となる。


退会

菅沼鉄王(絵画会員)、吉野光子(絵画会友)、森田りと子(絵画会友)


新会員、会友

会員推挙(絵画部)

細川佳成、鈴木佳代子、片山之男、富田知子

会員推挙(彫刻部)

該当者なし

会友推挙(絵画部)

小金富美子、仲原史子、左成千鶴、上嶋恵津子、近藤みどり

会友推挙(彫刻部)

池田和志、小林謙子、井上裕起


受賞(絵画)

行動美術賞

細川佳成

会友賞

鈴木佳代子、辻本 豊

新人賞

小金富美子、神島レイナ、上嶋恵津子

奨励賞

木村隆行、左成千鶴、仲原史子、近藤みどり、加藤徳子、小笠原実好

向井潤吉賞

多田洋子

田中忠雄賞

片山之男

三芳悌吉賞

勝原実紀枝

損保ジャパン奨励賞

富田知子


受賞(彫刻)

行動美術賞

なし

会友賞

二宮幸司、見田雅美

新人賞

安原弘高、西澤亜純

奨励賞

後藤 譲、児玉真人、平田 茂、池田和志、岡村正博

損保ジャパン奨励賞

井上裕起