第2回展の鑑査風景

彫刻室へ移ると共に早くも大作時代が到来。丸窓から降り注ぐ直射日光が足下に影を落している。進行係は小出。

「行動美術35年の小史」 より引用